競プロキャンプ in 京都 参加記

こんにちは。 競プロer兼音ゲーマーのRute(リュート)といいます。

本記事では、競プロキャンプ in 京都の参加記と題しまして、競プロキャンプに参加した感想などをまとめていきます。

1日目 (8 / 19 (土))

競プロキャンプ in 京都当日はいろいろとバタバタしていました。
電車に乗れた… !! と思ったらなんとスマホを駅の券売機で忘れるという重大なインシデントが発生してしまいました。
https://twitter.com/ruteplus/status/1692717084655095984

会場最寄り駅である長池駅に間に合うかが不安になりましたが、どうにか集合時間に間に合うことができました。お騒がせしてしまい、大変申し訳ございませんでした。

長池駅から、会場である友愛の丘という場所に向かう際に、参加者同士でシャトルバスに乗りました。
同じ競プロer兼音ゲーマーであるひかる(@kanzakihikaru)さんと隣になり、いろいろ話していました。

会場に着いた後は、物理好きさん・達也んさんによる開会宣言が行われ、その後に10秒自己紹介が始まりました。
10秒自己紹介の準備をして来てください、とDiscordで連絡があったのに準備をしていなかったため、即興で「Ruteといいます。趣味はゲキチュウマイのセガ音ゲー含む音ゲーです!音ゲーに興味のある方ぜひお話ししましょう!」という文章を脳内のRuteGPTにて生成し発言したのでした。

自己紹介の後は、自己紹介で44人の人間を正確に覚えられたかを確認するための(?)ゲームが行われました。
ACの方
物理好きさん、けむにくさん、りーふさん、Haruguchiさん、ひかるさん、てりやきさん、unidentifiedexeさん、たいとんさん
WAの方
torineutron(Hokuto)さん、tpyneriverさん、shinchanさん
9AC3WAでした。
18人くらいにAC取れている人もいてすごいと思いました。(次回以降は増やしたい…)

レクリエーションでは、「wikipedia最果てゲーム」と「転倒数最小化クイズ」という2つのゲームを行いました。
「wikipedia最果てゲーム」では私が知っている単語なども入れてみたりしました。
具体的には、世界一長い駅名・日本一長い駅名”だった”駅名 など駅名中心でした。僕が唯一wikipedia上で作った「ザッツ パラダイス(メダルゲーム)」も一応入れてみました。
「転倒数最小化クイズ」は少し難しかったです。知識を知っている問題・知らない問題で分かれました(7問目は特に難しかったです…)

レクリエーションが終わった後はBBQと、花火大会がありました。

BBQは、肉やマシュマロなどいろいろな具材が用意されました。
ただ、私自身は、食べることより飲む方を優先していたんですよね…
いろいろな方と競プロに関することでお話もできました。

花火大会では、皆さんで持ち寄った花火に火をつけて楽しむのですが、
花火の量が多すぎたせいで「線香花火5本」や「同じ花火5本」等、花火の消費時間の最小化を図っている競プロerもいたそうで。私は純粋に花火を楽しんでいました。(線香花火5本は、手に花火の火がつきそうで怖かったです…)

21:00 に ABC315があり、競プロキャンプに参加した方の中の一部で参加することになりました。
これを、いったん最後のRated参加にする予定でした。


結果は惨敗で、2完でした。3問目を単純な全探索ではなく複雑な解法で解こうとしたせいで、頭が重くなり普段のパフォーマンスが出せなかったことを悔やんでいました…

その後は、ボードゲーム大会などもあったんですが、このような暗い気持ちのまま参加できるわけもなく、就寝… したのですが、なかなか寝れず2日目に移ります。

2日目 (8 / 20 (日))

起きたのは4:00でした。何も考えずに下の広いスペースに行った私は、無言でABC200~300までのD問題の中で、適当なD問題を巨大なホワイトボードに記入して、解くことを7:00まで繰り返していました…

.

07:00 に朝食を食べました。 ちゃんとしたのり弁当でおいしかったです。
その後、ちゃんとモンスターエナジー(Zoneエナジーはなかった)を施設近くの自販機で購入し準備万端の状態でコンテストに臨みました。

Haruguchiさんという方と参加しました。
最初、A問題とC問題を私、B問題をHaruguchiさんが解きました。
D問題以降は、各自で分担しました。
私は、H問題「Baked Wall」と、E問題「Make Kushiyaki」を担当しました。
途中、何回か考察の確認などをしたのですが、コンテスト終了20分前くらいには両者とも集中して問題に解いている状況でした。 (問題が解けなくて気まずくなってしまいました…)

結局、3問正解で終了し、参加チームの中では最下位という結果になりました… (これ、後から気付きました…)

解説・LTなどの感想

解けた問題・解けなかった問題両方を書きます。
問題のネタバレを含むのでこの先閲覧注意です。

各問題の感想など

A問題・・・ 文字列のうち数字のものの総和
B問題・・・ 設定が面白かった。特定のインデックスだけ符号が変わることに注意して、総和を計算すればよい。
C問題・・・ (N – M) / (N – 1) が答え。出力する小数の桁数に注意。
D問題・・・ 考えた解法と異なっていた。ダイクストラ法が正解らしい。
E問題・・・ dpを考えていたのだが、貪欲法でした。ぐぬぬ。
F問題・・・ 解説で問題の性質を知ってびっくりした。なるほど… 後で実験してみたい気持ちになりました
G問題・・・ りーふさんの問題。とりあえずびよーん。
H問題・・・ 私の想定と違う解法。平方分割らしい。
I問題 ・・・ 最小値の最大化←最小値をyにできるかを二分探索するらしい。
J問題 ・・・ 私の作問です。
K問題・・・ 解説スライドを見ても難しそう…
L問題・・・ 積の和典型の問題の類題らしいです。

LTの感想も述べます。発表者の方の名称も含みます。(配信で公開されているもののみです)

ポーカーの布教(ふるやんさん)
ヨコサワチャンネルは1年前くらいから見ていたので知っていました。
ポーカーの簡単な例を例示し、「ポーカーは騙しあいに数学(ゲーム理論)がガッツリかかわるゲーム」であることを説明されていました。

全探索力(physics0523さん)
コンテスト中に作成したスライドなので、少し記入ミスなどはあったようですが…
全探索の最小コードでの実装例と、実装問題の練習方法を説明されていました。

競プロにおける早解き戦略について(私)
正直LTが初めてなので事前に5分以内に収まるかの練習をしていました。
緊張で声が先走っているような感じになったかもしれません…

灰色だけど名前を覚えてほしい話(Kawa_さん)
タイトル詐欺。(今は茶色) ですが茶色になったことで拍手をもらえていて良かった。
なるほど、「Kawa _ (アンダーバー)」は読みにくい(?)らしいので「Kawa(かわ)」と呼んでもいいのかも…
あとアイコンの話は質問もしました。緑色の首輪が似合うかはわかりませんが、今のアイコンに入〇(緑や水)したときにいろいろな装飾品がつくとKawa_さんも私を含めた競プロerの方も嬉しい気持ちになると思います。

ペンシルパズルの話(cn449さん)
パズルを競プロのテクニックで解くことができる話。解けるパズルの一例も説明していただいた。

公開されなかったLT(けんちょんさん)を含め、LT全般で様々なテーマがあったように感じます。

最後に、今回のキャンプに来ている皆さんになるべく多くの名刺を渡して、競プロキャンプは終了を迎えました。 (実際は、音ゲーキャンプとして3日目があったのはまた別の話…)

最後に。
今回は私Ruteはコンテストの作問とLTを担当させていただきました。
7月中は期末試験などで忙しく、対応できなかった点は本当に申し訳なかったと思います。
physics0523さんをはじめとする全体テスターの方々などにサポートいただいて作問をすることができましたし、LTも自分が伝えたい「早解き戦略の有効性」をわかりやすく伝えることが出来たのでよかったです。
運営に携わっていただいているかたには本当に感謝しています。ありがとうございました。
来年以降競プロキャンプが開催されるかはわかりませんが、開催されたらなるべく行ってみたいです。

タイトルとURLをコピーしました